校章群馬県立あさひ特別支援学校
 
校舎
 
校舎
 
学校情報
376-0014
群馬県桐生市広沢町
    間ノ島440番地
 TEL 0277-54-1749
 FAX 0277-54-9466
メールアドレス
 
COUNTER249952
     200,000hits!  2018/02/19
          100,000hits!  2017/01/20
 
オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
携帯アクセス用QRコード

群馬県立あさひ特別支援学校

携帯からは上のQRコードを読み込んでアクセスしてください。
 
asahiict
 
ぐんまちゃん
 
©2015群馬県立あさひ特別支援学校
 
学校紹介
 

あさひ特別支援学校のWebページへようこそ


 本校は、群馬県の桐生市にある肢体不自由児の特別支援学校です。
 屋上からは、横を流れる渡良瀬川の向こうに、遠くに赤城山近くに吾妻山、そして桐生市街が一望できます。
 小学部・中学部・高等部の3学部があり、全校児童生徒106名が毎日楽しく学んでいます。
 4台のスクールバスがあり、大間々方面、伊勢崎方面、太田・邑楽方面のコースで運行しています。
 また、本校では通学が難しい子どもたちのために訪問教育も実施しています。 
 隣には、両毛整肢療護園があり、11名の児童生徒が通っています。
 平成15年から始まった医療的ケアは、現在、両毛整肢療護園より3名の看護師が常駐して行っています。
 多様な教育課程により、個々の実態に応じて、温水プールや自立活動室などの施設を活用した特色ある教育を実施しています。


学校教育目標

 『個々の実態を踏まえ、主体的に自己の力を発揮してよりよく生きる力を培う』
                     (健康の保持、考える力、表現する力)

 個々の児童生徒を指導する上での観点

  ① 個人の尊厳を尊重する
  ② 実態や障害に配慮し、適切な補助用具や情報機器等を活用し指導の効果を高める
  ③ 基礎的・基本的な知識及び技能を活用した課題解決的な学習を取り入れる
  ④ 体験的な活動を取り入れ、日頃の生活に結び付く指導となる工夫をする
  ⑤ 交流及び共同学習を計画的・組織的に行い、社会性を育てる

学校の機能を高める上での観点
   ① 学校全体として障害に関する研修に取り組み、教科や自立活動、キャリア教育の充実を図る
   ② 本校の専門性等を生かし地域の要請に応え、センター的役割を発揮する 
   ③ 望ましい言動をとることを常に心がけ、公教育としての信頼を維持する
   ④ 学校評価システム等を活用し、児童生徒、保護者、地域、社会の期待に応える学校作りに努める

 

本年度の重点目標


「笑顔・信頼・感動」のある学校を作る


① 「笑顔」
  ○危機管理体制・危機意識の強化(予知・予防の重要性と迅速な対処)

  ○安全・安心な健康的な学校生活(家庭、関係機関等と一層の連携、食育の推進) 
  
② 「信頼」
  ○個別の指導計画に基づくきめ細かな指導
   (教科も自立活動も、目標の明確化・指導内容の重点化・指導方法の工夫・説明する力)
  ○教職員の指導力・専門性の向上
   (指導と評価の一体化、教科・縦割りによる授業改善)

③ 「感動」
  ○主体的・対話的で深い学び(単元や題材のまとまりの中で、言語能力の育成)
  ○豊かな人間性を育む(自己肯定感の育成、スポーツや文化芸術活動に親しむ)
 

 子どもたちが毎日安心して楽しく学校に来られるよう、また、保護者や地域の皆さまに信頼され、ニーズに応えられる学校となるよう教職員一同全力で取り組んでいます。
 ぜひご来校いただき、日々頑張っている子どもたちの様子を、ご覧いただくとともに、本校の教育と障害のある子どもたちへの理解を深めていただきますようお願い申しあげます。